コアーズ
coresコアーズの使命は、計測器で世の中を「改善」することです。
リクルート お問合せ
電話でのお問合せ、ご相談は0554-45-1027
アクセス お知らせ サポート
製品案内 問題解決 開発物語 よくある質問 ダウンロード 会社概要

トップページ > 製品案内 > core9012b
製品案内



製品概要特長仕様

コアーズ平坦度測定モジュール【高精度LIPタイプ】core9012b製品概要ページ

core9012bの概要core9012b

小型化・ファインピッチ化する面実装型コネクタやBGAにおいて、最も重要視される端子の平坦度(コプラナリティ)を ガラス基準面方式により、高精度・高速測定でかつ容易に多種類のコネクタを測定することができます。
従来、不安定であった対象物の違いによる測定誤差を、特別なレーザセンサを利用することで解消しています。
自動測定モードによる平坦度の解析や、自動測定モードによる合否判定ができ、ともに測定データは 自動的にCSV保存や検査シートに登録することが可能です。

平坦度測定モジュールcore9012bはガラス基準面方式

ガラス基準面方式ガラス透過式基板実装面【ガラス面】からの実際の浮き量を測定します。
樹脂ベース面の歪みにも影響を受けません。

平坦度測定モジュールcore9012bは高精度・高速測定が可能

高精度・高速測定

■ JEITA規格での形状測定が可能です。
■ コネクタの端子の高さを約5μmの精度で測定可能です。
■ 光学顕微鏡による測定と比較して検査時間を1/3〜1/50に短縮することが可能です。
■ 樹脂の色や端子のメッキ種類など対象物に影響されず安定した測定が可能です。
■ 測定ピンは1列最大100ピンまで、列は最大50列まで測定が可能です。

1/3 〜 1/50
短縮
アプリケーション(使用例)
  • コネクタをはじめとした実装部品の平坦度(コプラ)測定
  • 樹脂ハウジングの反り測定
  • BGAやCSPなどの半導体パッケージの反り測定
  • リードフレームやシールドフレームのゆがみ測定
  • 小型モジュールの接合部平坦度測定
  • 生基板/実装済み基板の反り測定
  • アルミダイキャストの形状測定
  • インライン・半自動での合否判定(ぜんすう・抜き取り)
  • BGAボールの高さやボール先端の高さ測定
カタログ ダウンロード

core9012bのカタログをダウンロードできます。
下記のリンクをクリックしていただくとカタログのダウンロードを開始します。

■core9012b カタログ(ファイル形式:PDF)

  製品概要 特長 仕様
    問題解決はコチラ

トップページへ戻る
 
Copyright 2006-2007 CORES CORPORATION All right reserved.
cores 山梨県都留市古川渡338-3
TEL 0554-45-1027
FAX 0554-45-6200